ブックタイトル豊見城市観光ガイドブック

ページ
27/32

このページは 豊見城市観光ガイドブック の電子ブックに掲載されている27ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

豊見城市観光ガイドブック

27TOMIGUSUKU GUIDE BOOK歴史・史跡県内外で活躍中のアーティストを迎えてのLIVE、伝統芸能演舞、農産物即売会などイベントが盛りだくさん。出店の数も多く、毎回、市内外から多くの人が訪れます。フィナーレには、色とりどりの打ち上げ花火が夏の夜空を彩ります。2年に1度(偶数年)の7月開催です。?とみぐすく祭り?全沖縄子どもエイサーまつり200年以上の歴史を誇る保栄茂の巻チ棒は、6年に一度、「卯年」と「酉年」の旧暦8月15日に開催される大豊年祭の中で行われます。2つのグループが1列で移動しながら別々に渦巻状の円陣を形成し、2つの円陣が完成すると、片方のグループが先頭から順に円陣を解きつつ、もう片方の円陣と合流し、最終的には一つの大きな渦を巻く円陣となる群舞です。その様子は、大空を旋回する鷹の群れに似ていることから「鷹巻チ」とも呼ばれています。?保栄茂の巻チ棒(大豊年祭)12年に1度、辰年の旧暦8月9日に開催される高安の龕ゴウ祭は、葬式の際に棺を入れる屋形の担ぎ輿である「龕」の修復も兼ねて、区民の無病息災及び豊年の祈願を行う300年の歴史を誇る祭りです。死者を浄土へ送る乗り物の龕には霊が宿ると考えられていることから、龕の霊を鎮め悪霊を追い払うために、女性は賑やかに踊り、男性は勇壮な棒術や空手で気勢をあげ、龕を担ぎ長寿の方々を先頭に区内を練り歩きます。沖縄の代表的な伝統行事ハーリーの由来と伝統にならい、ハーリー発祥の地豊見城の豊見瀬御嶽にて、那覇ハーリー並びに豊見城ハーリーの成功と五穀豊穣を祈願し、ハーリー歌や空手を奉納する儀式です。5月上旬の開催です。?ハーリー由来まつり豊崎フェスタにおいて開催される豊見城ハーリーは、中国福建省福州伝統の龍舟を模した赤・青・黄の3槽で、五穀豊穣、民安・太平、諸国万民の友愛を祈願して行われる大会です。豊崎海浜公園・美らSUNビーチにて、7月の開催です。?豊見城ハーリー大会     (豊崎フェスタ)ゆらい?高安の龕ゴウ祭たかやす がんび ん ま ち ぼ う沖縄本島や離島、県外姉妹都市から地域を代表した約10団体の子ども達が集い、沖縄の伝統芸能エイサー、獅子舞、太鼓の競演など大人顔負けの躍動感溢れる演舞が披露されます。現在は、とみぐすく祭り、豊崎フェスタと同時開催です。